「ッ、煉獄先生、俺になにか用ですか」
「今日の昼間、図書室でお前は竹雄少年と何をしていた?(にっこり)」

「竹雄と!?勉強会ですよ!ただの!」

「それにしては、随分なか睦まじかったな」

どさっ

押し倒された!無防備すぎたか!?

「竹雄少年の目は、完全にお前しか見ていなかった」
「な、にを…」

「お前には俺がいるというのに」
「煉獄、せんせ、」